2019年08年19 日

石田功

トゥイーターが、DS-SA1と同じ振動板素材のB4Cボロン、ウーファーはDS-G500などと同じカーボンナノチューブ混入のNCVなのだが、いずれも全くの新開発。まずトゥイーターだが、DS-SA1がドーム型だったのに対して、DS-SA1000の振動板形状はDS-G500などと同じ

~この記事の著者~

Cyber Brain

インタビューに関するご相談はこちら

 TEL:048-981-1230
10:00~19:00(毎週火曜日、第二水曜日定休)

記事カテゴリー

ドライブお勧めミュージック

ネガティヴ・キャパビリティ

2019-08-19

Drive Guide

車内をとても快適にするおすすめカー用品・便利グッツ15選!自動車のプロが厳選!

2019-08-19

インタビュー

押尾コータロー

2019-08-19